« 中村主水様のご冥福をお祈り致します。 | トップページ | 【4月10日BochiBochi会 の花見会&蔵王堂見学】 昼食追加情報アリ! »

宮大工の匠の技 「金剛組」見学会。

地域を愛するBochiBochi会 イベント 

ギネスに載る世界最古の会社 宮大工の匠の技 「金剛組」見学会。

組み木の美しさ。
http://khkk.sblo.jp/article/32043357.html
このブログに 金剛組がつくる お寺の画像がいっぱいある。

今は今日取ってきた画像の使用許可をとってないので画像があげられないから、ここみてね。↑

578年飛鳥時代から続く技術なんだよね。しかも、この技、目と耳、語感で伝えていくしかないような仕組みなんだよね。設計図には洗われない細かい微妙なもの。

大工さんが釘一本使わず、木と木を複雑に凹凸をつくってかみ合わせ、滑らせ組み合わせる。ホントに魔法のよう。しかも美しい。

修理の時も1つの木をいくつもあわせて古木の傷みを再び1本に戻す修理方法。

70代の棟梁が現役で活躍する世界。ここでは失われた年長の人への敬意があった。やっぱり、上の人の技を伝えていく、師と弟子の関係をもつ業界では、人は長く誇り高く生きていけるんだね。覚えておかないと。

かんな に ヤリかんな、 押しかんな 引きかんな それに何枚歯といろんな形で木を磨く。削りかすが鰹節のように柔らかくて薄い。

鉄などが乏しいところで、木を組み合わすことで作り上げる。頑丈で美しい技。大工さんの遊び心が満載の組み木。伝承してほしいものです。

とても面白い見学会でした。今回は人が一杯で募集を途中で切ってしまいましたが、またいつか、見学会やろうと思います。ぜひどうぞ。

また、後日画像許可頂いたら、画像も乗っけますね

|

« 中村主水様のご冥福をお祈り致します。 | トップページ | 【4月10日BochiBochi会 の花見会&蔵王堂見学】 昼食追加情報アリ! »

コメント

僕は建築にとても興味があります。
人から教えてもらうより人の技を盗んで自分の技を磨きたいとかんがえています。建築に関する技術ももちろん必要ですが礼儀や物を大切にするといことも必要だと思っています。

投稿: 竹本亘平 | 2011年12月 3日 (土) 01時18分

宮大工の技はパズルのようでとても夢のあるものでした。 「金剛組」の見学は申し込みして日程を調整してもらえば個人でもできます。


詳しくはこちらまで

http://www.kongogumi.co.jp/ja/knowit/takumi_bi_001.html

投稿: 梨恵華 | 2011年12月 3日 (土) 06時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510421/47617463

この記事へのトラックバック一覧です: 宮大工の匠の技 「金剛組」見学会。:

« 中村主水様のご冥福をお祈り致します。 | トップページ | 【4月10日BochiBochi会 の花見会&蔵王堂見学】 昼食追加情報アリ! »