« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

紀伊山地霊場 と 台風被害

紀伊山地三霊場会議
kiisanti.jp

http://kiisanti.jp/

縁があって、このサイトのウェブデザインのお仕事をさせてもらったので、少し気になる事がある。

台風12号:豪雨被害 首相、激甚災害指定前向き 土砂ダム、警戒続く
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110910ddm001040168000c.html

なでしこにお守り贈った熊野三山寺社無事
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20110908-831958.html

この記事の写真をみてもらえるだろうか?

記事のタイトルは 熊野那智大社の本殿は無事だと書いてあるのだけど・・・、土砂がながれこんで半分埋まっている。

これを無事といえるかどうか?

台風12号の爪痕!世界遺産の一部が埋没
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20110905-830851.html

こちらの写真をみればもっとよく分かる↑

台風12号の影響で西日本では5日、世界遺産の一部・熊野那智大社(和歌山県那智勝浦町)をはじめ文化財にも被害が相次いだ。県などによると、熊野那智大社は本殿の一部が土砂で埋没、境内全体に土砂が流れ込んだ。

 文化庁によると、同大社は境内全体が「熊野三山」の一部として史跡に指定されている。5日午前7時すぎ、国の重要文化財となっている本殿の裏手付近で土砂崩れが起きているのを県警のヘリが発見。人的被害はなかったが、県によると本殿の床上まで土砂が流れ込み、大社へつながる道路も寸断。

 さらに多くの観光客が訪れる名勝・那智大滝も水量が増し、滝を見る足場が流失した。近くでは原生林の崩落も2カ所確認されている。

 同県新宮市の熊野速玉大社の一部施設も浸水。県観光振興課は「熊野古道全体の被害状況は把握できていない」としている。(共同)

 [2011年9月5日21時7分]

ーーーーーーーーーー

熊野速玉大社、熊野本宮大社、熊野那智大社 青岸渡寺 そして熊野古道、伊勢参詣道 奈良、三重、和歌山の被害は大きく、まだ全てを把握していない。

それほどに台風での被害は甚大なようだ。

日本をまもっていただいている神様たちが早く復興できるようにお祈りしたい。

古代では病気は神仏の祟りと考えられていた。とりわけ大流行する疫病は失政により天地に異変がおこり流行すると信じられていた。

まず、疫病を、そして天変地異(風水害や地震、津波、)それでも、わからなければ戦災を起こすと言われている。

失政に気づくまでつづく。あと2年、まだ民主党の政治はつづく。

神様がたは、どうにか怒りを収めて欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »